趣味の模型工作の時間です。
アオシマ 1/144スケール 海上自衛隊救難飛行艇US-2
このキットを使用して、海難救助シーンのジオラマを作るのがミッションです。

救難飛行艇US-2作成記~その19 につづき~完成です。

2016年12月11日から作成開始した作品が、約10ヶ月掛けて完成しましたので、完成写真を解説を交えながら公開します^^。

『J.M.S.D.F. US-2』~海難救助~
アオシマ 1/144スケール 海上自衛隊救難飛行艇US-2 ジオラマ作品
201710151803001
201710151804001
201710151805001
201710151805002

本作品の救助シーンのモデルになりましたのは、2013年6月21日、ヨットで太平洋横断中にクジラと思われる物体に衝突、沈没事故によって遭難したニュースキャスター辛坊治郎さん達を、荒れる太平洋上で救出した、海上自衛隊第71航空隊です。
201710151606001

公称で波高3mの海へ着水ができ、再び離水し飛び立つ性能を持つのは、世界で唯一このUS-2だけである事を、多くの方が知る事となった辛坊さんの事故でもありました。
201710151549001

事故遭難当時、上空から監視している海上自衛隊の対潜哨戒機P3Cとの連携で、大海原に漂流する辛坊さん達が乗るライフラフト(救命いかだ)を的確に発見し、波高は約4m強、風速30ノット(秒速約15メートル)という海況で、US-2の活動限界を超える中の着水だったそうです。
201710151559001

着水後直ちにUS-2搭載の救助用ゴムボートにて、迅速に海難救助しました。
201710151807001

4基あるエンジンの内、1基(第2エンジン)が故障するトラブルもありましたが、要救助者を含め隊員全員が無事に帰投しました。
201710151553001

さてぇ~!
今回使用したのは、US-2の実物を製造されている「新明和工業」さんの案内で、新発売前に特別予約により購入していたキットでした。
201612111216002

キットの内容は市販キットと同じ物なのですが。。。
市販品には入っていない「新明和ロゴ入りステッカー」が特典でした(^m^)>
201612111220002

このキットを手にした時から、脳内モデリングしていた情景が大筋で再現出来たと思います♪

プロペラはモーターを仕込まず、撮影時のみドライヤーの風で回転させて、それらしくいい画が撮れたなと自己満足です(笑)
※第2エンジンが故障し、プロペラが回っていないと言う設定です。

US-2本体が完成しました折に、単体で記念撮影し公開しまたので、ジオラマ作品としての完成写真を公開させて頂きます。
201710151547001
201710151532001
201710151558001
201710151602001
201710151151001
201710151145001
201710151545001
201710151542001
201710151543001
201710151556001

US-2実機についてはこちらをご覧ください。
■新明和工業株式会社公式サイト
https://www.shinmaywa.co.jp/aircraft/us2/

と言う訳で、今回を含め、全20回に渡りまして
長らくお付き合い頂きました「救難飛行艇US-2作成記」もこれで終了です。

改めまして、ご覧頂いた全ての皆様に感謝!
ありがとうございました。


ジオラマ作品「救難飛行艇US-2作成記」<完>

「救難飛行艇US-2作成記」を初めから読む


このつぶやき「イイネ!」
と思ったらポチっとよろしくです(^m^)>
人気ブログランキングへ応援よろしくお願いします